トマト

47商品

おすすめ順 価格順 新着順

47商品 1-12表示
47商品 1-12表示
栽培QA
Q
トマトを長期どりするには?
トマト摘果 A

少しでも長く栽培したいという気持ちがみなさんあると思いますが、なかなかうまくいかないという話をよく聞きます。草勢を維持するために、いろいろな肥料を試された経験もあるでしょう。それもよい方法ですが、最も効果的なのは「摘果」です。

産地の農家さんで「一番効果のある追肥は摘果することだよ」と言われる方が大勢いらっしゃいます。

各段3もしくは4果に着果制限することで、栄養生長と生殖生長のバランスを保ち、長く栽培できるというわけです。摘果を行うタイミングは、果実が500円玉〜ゴルフボールくらいに肥大した時期がよいでしょう。このとき、チャック果や窓あき果のような障害果は積極的に摘果しましょう。


Q
果実の先に黒いシミのような症状が出るのはなぜ?
A

「トマトは水を極力やらないようにと指導された」という声をよく耳にします。確かに潅水量を制限すると、糖度が上がりおいしいトマトができます。

しかし人間も夏場の高温期には多くの水を必要とするように、トマトも水を必要とします。果実のほとんどは水分でできており、これが減ると水溶性のカルシウム(石灰)が果実の先端に移動できなくなり、細胞が死ぬことで黒く見えるようになるのです。

従って高温期に毎日水をやり、萎れることがないようにすることでこの症状は抑えられます。またチッソ過剰が原因で尻腐れが起こる場合もありますので、元肥や追肥が多すぎないか確認することも大切です。


Q
栽培資材に頼らずに夏の裂果を防ぐ方法はありますか?
トマト斜め誘引 A

トマトの旬は夏といわれていますが、トマトにとって夏は必ずしも適温ではありません。特にこの時期の強い日差しは、果実に「裂果」を引き起こします。

トマトの旬は夏といわれていますが、トマトにとって夏は必ずしも適温ではありません。特にこの時期の強い日差しは、果実に「裂果」を引き起こします。 裂果を回避するには、遮光カーテンや葉面散布などの栽培資材の利用で軽減も可能ですが、労力や経費の面で十分な対応ができないこともあります。そこで、次のような方法をとると、資材に代わる裂果軽減効果が発揮できます。

ー个疝彊をすることで、より果実が葉に隠れるようにする。

花房下のわき芽を伸ばし、わき芽の本葉2〜3枚ほど残してから摘心する。

どちらの方法も果実を覆う天然の日傘が多くなり、裂果を軽減します。これらの方法は産地の生産者も実践している方法ですので、積極的にとり入れてください。


Q
できるだけ長く栽培したいが、どうしても草勢が落ちてしまう...
トマト通路潅水 A

“通路潅水”という手法をご存知でしょうか? 雨よけもしくはハウスで栽培の場合、十分潅水しているつもりでも高温期は乾燥しているものです。そこで、草勢が落ちた場合に通路がしっかり湿る程度に潅水することで、通路に残っている肥料分を通路の下まで伸びてきている根に吸わせ、草勢を回復させようというのが“通路潅水”です。

通路が湿ることで空中湿度も保つことができ、のびのびとした健全な生育が期待できます。ぜひ試してみてください。しかし曇天が続く梅雨時期などに行うと、病気を助長することがあるので注意しましょう。


  • オススメダイコン
  • オススメレタス
  • オススメハクサイ

カテゴリーから探す

野菜ソムリエセレクト

カテゴリーから探す