ピーマン

7商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
7商品 1-7表示
  • <
  • 1
  • >
7商品 1-7表示
  • < Prev
  • Next >

【栽培スキルアップ】

播種から育苗期
露地栽培での播種時期は、定植時期の5月上中旬より約65日さかのぼった3月上旬ごろです。128穴か200穴のセルトレイを用意し、タキイの「たねまき培土」などの市販の専用培土に播種します。発芽するまでは地温を昼夜とも25〜30℃で乾燥しないよう管理し、順調にいけば播種後6〜7日で発芽がそろいます。
本葉3枚目が展開し始めたら12僖櫂奪箸飽椰△靴泙后タキイの「育苗培土」は肥料のバランスがよく、肥効も長いのでおすすめです。
育苗には時間と専門的な技術を要しますので、初心者の方はポット苗を購入するのもよいでしょう。ホームセンターなどで購入する場合は、品種名を確認し、生育のよい苗を選びます。具体的には「葉が黄色くなっていない」「枝が太く、がっちりしている」ことを確認し購入します。

ピーマン定植1

圃場づくり
ピーマン類は浅根性で過湿や乾燥が苦手なので、保水性と通気性のバランスのよい畑づくりを心掛けます。畑には完熟堆肥を10崚たり約20圓閥貪收亞ィ僑娃g程度、チッソ:リン酸:カリは成分量で200g:300g:200gを目安に施します。

ピーマンフラワーネット

定植
定植適期は遅霜の心配がなくなったころです。定植適期苗は1番花の蕾が膨らんだころですが、若苗しか手に入らなかった場合、そのまま育苗を続けるよりも、やや若くても早めに定植するのがよいでしょう(第1図)

追肥・潅水が遅れないように
1番果が膨らみきったころから追肥をします。2週間に1回、粒状肥料軽くひと握りを、3株に分け株元から20〜30冦イ靴道椶靴泙后
また、ピーマン類は乾燥に弱いので、梅雨が明けて高温乾燥期を迎えたらこまめに潅水します。追肥・潅水が遅れると草勢が低下し、枝伸びや果実の肥大が鈍くなって、収量が低下するので注意してください。枝が垂れる前にあらかじめ支柱などを用いて誘引してやります(第2図)

ピーマンフラワーネット実写

収穫
未熟果を収穫するタイプの品種は、できるだけ収穫をこまめに行います。理想は2〜3日おきです。収穫が遅れ大きな果実をならせてしまうと、草勢が低下し収穫量が激減するので注意します。
ピー太郎」は成熟直前には糖度が高まり、果面にヒビが発生します。ヒビがおいしさのサインですのでそれを目安に収穫します。


  • オススメダイコン
  • オススメレタス
  • オススメハクサイ

カテゴリーから探す

野菜ソムリエセレクト

カテゴリーから探す