ダイコン(大根)

57商品

おすすめ順 価格順 新着順

57商品 1-12表示
57商品 1-12表示
栽培QA
Q
曲がり根の発生が多いのですが?
夏の翼収穫A

曲がり根発生の主な原因は、生育が旺盛になりすぎた場合です。多肥栽培にならないよう、追肥中心の施肥設計とし、生育をコントロールすることで、曲がりの発生も軽減します。
また、「夏の翼」「秋神楽」などの、抽根部が短い品種を選定することも有効です。
さらに、風により株が倒されることで曲がり根の原因になることもありますので、風が強い場所では防風網などの設置もおすすめします。



台風や集中豪雨…備えあれば憂いなし!事前·事後対策
【事前対策】
<圃場の排水対策>
・台風や集中豪雨によって冠水してしまった場合、ダイコンは数時間でも障害を受けるため、早急に排水を行うことが重要です。
・サブソイラーによる硬盤の破砕、土質の改善、明渠、暗渠などの排水設備を整えることで事前に圃場の排水性を高めることが可能です。
<防風対策>
・寒冷紗や不織布などでべたがけをして、葉や抽根部のダメージを軽減します。(飛ばされないようしっかりと固定すること)
・1粒まきと複数粒まきでは生存率が大きく変わります間引きは台風通過後に行いましょう。土寄せも有効な手段となります

【事後対策】
<回復が見込める場合→病害防除、草勢回復>
・風害による傷口からの病気の侵入を防ぐため、速やかに防除を行います。また液肥などの葉面散布を行い草勢の回復に努めます。
・沿岸部で起こる塩害も、葉面散布等で葉に付着した塩分を洗い落とすことで多少の軽減が見込めます。
<回復が難しい場合→品種選定、まき直し>
・生育ステージが播種直後~生育初期の場合、流されたり深刻な被害を受けたリしやすいです。
・回復の見込みがない場合は、圃場の状態や作型を考えて品種を選定し、まき直しを行いましょう。
  • オススメダイコン
  • オススメレタス
  • オススメハクサイ

カテゴリーから探す

野菜ソムリエセレクト

カテゴリーから探す