中早生種 コマツナ(小松菜) 菜々美

タキイ種苗(ATU02M)

346円(税込)

6ml20ml2dlスタンドパック
容量
購入数

【特長】
●株張りにすぐれる春〜秋どり種
高温期でも緩やかに生育し、葉柄が間延びしにくいため株張りがよく多収。収穫適期が長く在圃性にすぐれるため、夏を中心に春〜秋どりで最も威力を発揮する。
●作業性と結束性良好
草姿は立性で収穫時における葉の絡みが少なく、葉柄はしなやかで折れにくい。下葉は比較的小さいので、調製作業が容易。
●荷姿良好
葉身はツヤのある長丸葉で、高温乾燥下でもカッピングしにくく荷姿が美しい。また、葉柄が太く葉身も比較的大きいので、ボリュームのある束になる。葉は肉厚でえぐ味が少なく、すっきりした味わい。
●萎黄病や白さび病に強い
萎黄病および白さび病に対し強い耐病性をもつ。

【発芽適温】
20〜25℃

【生育適温】
15〜25℃

【発芽日数】
3〜5日

【栽培方法】
1.タネまき
条間15cm程度で条まきし、潅水してタネに十分吸水させ、発芽をそろえます。
2.その後の管理
本葉2枚ごろに、密生している所や生育遅れ、害虫の食害のある株を間引いて、株間を3〜5cmにします。
3.収穫
草丈が25cm程度になったら、順次収穫します。

【栽培の要点】
●過湿に注意
梅雨時期や秋雨時期など曇雨天が続く作型では、徒長気味となり本来の株張りが発揮されない恐れがある。この時期の栽培では、株間を5cm以上とやや広めにとり、雨よけハウスなどの施設栽培では過潅水を控え、しっかりと換気して過湿を避け軟弱徒長を防ぐ。
●べと病および炭疽病防除
本種は露地栽培で多く見られるべと病や炭疽病に対して耐病性はないので、薬剤散布などで適宜防除する。
●厳寒期は施設栽培
厳寒期栽培では、生育が緩慢となり株が太りすぎて荷姿が見劣りするので、必ず温度が確保できる施設栽培とする。

【適作型】
菜々美_作型

【定期的に播種して連続的に出荷するなら】
こちらの「菜々美」が適します。中位な生育スピードで、大葉で株張りよく、収量性にすぐれます。また、白さび病、萎黄病に強い耐病性があり、春から秋まで幅広く栽培が可能です。時期によっても異なりますが、5〜7日ごとに播種日をずらして栽培することが、連続出荷のポイントです。

【品種の使い分け】
8月までの夏にかけて、高温期でもじっくり生育し耐暑性にすぐれる「菜々音」をまきましょう。9月〜10月中旬の秋どりでは、病気に強く安定した生育で作りやすい「菜々美」がよいでしょう。10月中旬以降の冬どりの作型では、低温伸長性の高い「夏楽天」が適します。下表の播種期による使い分けの表を参考にしてください。
タキイコマツナリレー
容量
6ml20ml2dlスタンドパック

カテゴリーから探す