青首大根 だいこん 冬自慢

サカタのタネ

378円(税込)

約230粒20ml2dlペレット5000粒
容量
購入数

【特性】
1. 小葉で立性、密植のきく青首ダイコンです。
2. 根長37僉∈径7.5僂任后尻部の肉づきよく、非常によくそろいます。
3. 肌はなめらかでツヤがあり、ス入りが遅く肉質にすぐれます。青首内部の青肉が少ないです。
4. 火山灰土・砂壌土のほか、粘質壌土での栽培にも適します。

【適応性】
・ 温暖地・暖地では9月上旬〜下旬まき、年内どりに適します。霜が降りる前にべたがけ被覆する1月上旬どりも可能です。
・ 寒冷地では抽だいの心配が少ない7月下旬〜8月中旬まきに適します。
・ 尻部がある程度つまったあと、ゆっくり肉がついていくので、収穫適期を過ぎても肥大しすぎることがなく収穫期が長いです。火山灰土のほか、砂壌土や粘質壌土での栽培にも適します。

【施肥】
土壌は野菜づくりに大きな影響を与えます。とくに、連作をしている圃場では土壌改良が必要です。堆肥の施用により土壌の団粒化を進めるか、十分腐熟させておかないと岐根の原因となります。微生物肥料「バイテクバイオエース」は無臭完熟堆肥であり、土壌病害を予防するので、使用することをおすすめします。
苦土石灰や石灰窒素は10a当たり60kgを全面に施用し、耕起しておきます。土壌pHは6〜6.5が適正で、石灰の施しすぎによる土壌のアルカリ化に注意します。肥料は10a当たり成分量で窒素10 kg、リン酸15 kg、カリ10 kgを標準として前面に施します。小葉系のため肥料切れには注意します。

【播種】
栽植密度は畝幅60cm×株間25僂鯢現爐箸靴泙垢、小葉で立性なので、やや密植栽培も可能です。

【管理】
9月上旬播種は高温・乾燥に十分注意し、適宜灌水を行います。灌水設備がない圃場では、「献夏37号」など、高温期播種に適するダイコンを栽培することをおすすめします。

【病虫害防除】
9月上旬播種も発生するキスジノミハムシの幼虫は土壌中に生息し、肥大しつつあるダイコンの根の表面を食害するため、その傷痕が残り、商品価値が低下するので、粒剤などで予防します。コナガは薬剤抵抗性が発達しやすいので、薬剤のローテーション散布に心がけて予防します。アブラムシはウイルスによりモザイク病の原因となり、とくに生育前半の被害はダメージが大きいので予防に心がけます。近年被害が多いダイコンシンクイムシは夏期に高温・乾燥が続くと大発生し、多大な被害を与えるので夏期の気象に充分注意して予防します。
ワッカ症は白さび病菌が根頭部、とくに青首部に侵し発病します。べと病は空気伝染性のカビが原因です。これからの病害は殺菌剤散布で防除します。

【収穫】
収穫適期を過ぎてもス入りの心配が少なく、良質のダイコンが収穫できるが、収穫期を極端に遅らせると葉の枯れや各種障害が出やすくなるので注意します。

【栽培暦】
冬自慢_作型

*取扱い中止品種となった「秋みね」の代替品種として利用いただけます。
容量
約230粒20ml2dlペレット5000粒

カテゴリーから探す