濃緑寒玉晩生種 キャベツ 夢ごろも

タキイ種苗(ACA05R)

626円(税込)

1.3ml2000粒
容量
購入数

夢ごろも収穫【特長】
●中間・暖地での早春どりが可能
球内部が徐々にしまる充実型結球なので裂球が遅い。また晩抽でもあるため、圃場貯蔵性にすぐれ、中間・暖地での早春どりが可能。
●玉肥大・そろいにすぐれる
外葉はやや大型、低温期の伸長性にすぐれるため肥大良好。また、草姿は中立性で玉ぞろいにもすぐれる。
●品質良好
芯伸びが遅いため、4月どりでも形状が甲高扁円に安定する。球色は濃緑色で低温期のアントシアン色素の発生が少なく、球内の黄色みも強い。
●耐病性
萎黄病抵抗性で、黒腐病にも圃場耐病性を示す。

【栽培の要点】
●適期播種に努める
草勢・吸肥力が強く、中間・暖地の早春どりで特性を発揮する品種なので、極端な早まき栽培を避け、適期の播種を守る。
●肥培管理
栽培期間が長いため、元肥を控え、追肥型の管理を行う。特に砂質土壌など肥効の抜けやすい圃場では追肥の回数を増やし、収穫期まで安定した肥効を保つ。
●栽植密度
極端な密植栽培を避け、本種の圃場貯蔵性・そろい性を生かせる適切な条間・株間で栽培する。
●病害の防除
降雨の多い栽培条件下では、菌核病の発生する恐れがあるため、適切な防除を行う。
※育ち遅れの弱い苗は定植しないこと。

【適作型】
夢ごろも_作型

夢ごろも圃場【タキイ担当者に聞く品種のポイント♪】
■中間地
・早まき年内どりの場合
外葉を作りすぎないことがポイント
・冬〜早春どりの場合
8月5日〜10日の播種が最適で7〜8分結球で年を越す

■暖地
・早まき年内どりの場合
7月27日〜8月5日の播種が最適
・冬〜3月どりの場合
6〜8分結球で年を越す
・4月どりをする場合
12月〜厳寒期の追肥をしない→2月上旬に通路へ追肥
(2017年7月12日夏期農場研修会より)
容量
1.3ml2000粒

カテゴリーから探す