中早生種 赤キャベツ パワールビー

タキイ種苗(ACA01M)

626円(税込)

1ml2000粒
容量
購入数

【特長】
●黒腐病に強く収量が安定する
根張り・株張りがよく、黒腐病に強いので玉肥大が安定し、適期栽培では、定植後75日で1.4kg程度の大玉が収穫できる多収の中早生種。
●収穫期幅が広い
結球後の裂球が遅い。また、耐寒性にもすぐれているので、収穫期の幅が広い。
●収穫後の日もちにすぐれる
葉肉が厚いので、収穫後の日もちにすぐれている。

【栽培の要点】
●健苗育成
根張り・株張りのよさを十分生かすよう、健苗を育成し適期に定植する。育ち遅れの弱い苗は定植しないこと。
●施肥
元肥2/3、追肥1/3を基本とし、初期に株張りを確保する。冬どりでは追肥の回数を増やし、肥効を持続させる。冷涼地の夏秋どりでは、元肥主体でやや控えめに施し、初期に大株になりすぎないよう注意する。
●土壌条件と病害の防除
特に赤キャベツは過湿条件を避けることが大切。
萎黄病の抵抗性はないので注意する。

【赤キャベツ品種の使い分け】
極早生種「ルビーボールSP」と中生の「中生ルビーボール」は、赤紫色が特に濃い高品質品種です。秋〜年内どりは「ルビーボールSP」、年内〜冬どりは「中生ルビーボール」と使い分ければ、長期間の高品質出荷が可能です。


一方、わずかに球色が薄いものの、作りやすさでは、株張りが安定する早生種の「ネオルビー」をおすすめします。また、レッドキャベツの難防除病害である黒腐病の発生を抑えたいなら、中早生の「パワールビー」が有利です。

【適作型】
パワールビー_作型
容量
1ml2000粒

カテゴリーから探す