むき実極濃緑 春まき可能 ソラマメ(そら豆) 駒栄

サカタのタネ

324円(税込)

約6粒1dl1L
容量
購入数

【特長】
花芽分化に低温が不要の新種で、春まきに好適です。草丈は低めで、分枝は少ないのが特長です。莢は長めで3〜4粒莢が中心、濃緑色の一寸ソラマメで、秋まきもできます。

【栽培環境・土づくり】
花芽分化に低温を必要としない春まき用品種です。秋まきも可能で、低温期は落花しますが、春先の温度上昇とともに着莢してきます。1崚たり苦土石灰100〜120g、完熟堆肥2〜3kg、化成肥料100gを施します。うね幅120〜150cm、株間40〜50cmを標準とします。秋まきは冬を迎える前に敷きワラをして、株元を防寒します。

【タネまき・植えつけ】
タネ2〜3粒をオハグロを斜め下方に向けて土に挿し込み、ポット育苗ではタネの尻部が隠れる程度に浅く覆土します。晩秋まき及び春まきではタネまき時期が低温なので、直まきよりはポット育苗がよいです。

【管理のポイント】
ソラマメは低温性植物で、春まき栽培の場合、収穫期が高温となると着莢数が少なくなり収量が低下するので、できるだけ早くタネをまきます(暖地12〜1月、温暖地1〜2月、寒冷地2〜3月)。春先に1株5〜7本の茎を残してほかはとり除きます。植えつけ時期が低温期になるので透明マルチで地温を上げておきます。

【病害虫・生理障害】
アブラムシがつきやすく、これがウイルスを伝播するので、よく注意し早めに殺虫剤を散布して防ぎます。アブラムシはキラキラ反射する光を嫌うので、シルバーフィルムなどをうね面にマルチしておくとよいです。

【適作型】
駒栄_作型
容量
約6粒1dl1L

カテゴリーから探す