【ファイトリッチ】リコピンは従来の赤大玉トマトの約2倍 極早生 ミニトマト 千果

タキイ種苗(ATM063)

626円(税込)

DF(18粒)1000粒
容量
購入数

ファイトリッチバナー小CF千果タイトル

【リコピン含量の比較】
CF千果グラフ
*成分の数値は、栽培条件により変動する可能性があり、栽培での結果を保証するものではありません。

【特長】
●濃赤色でツヤのある果色
果色は鮮赤色で美しい光沢がある。果重は15〜20g。果形はきれいな球形で果ぞろいがよい。
●高糖度で、食味が特にすぐれる
糖度は8〜10度。「ココ」に比べ低段から安定して糖度が高く、緻密な肉質で食味が特にすぐれる。
●栽培しやすく、メガネが少ない
草勢は中強で「ココ」よりおとなしく、異常主茎(メガネ)の発生が少なくて栽培容易。節間長は中位(「ココ」よりは幾分長い)で長段栽培に向く。花数は1花房当たり30〜40花で、低段ではやや少ない。果房整理の必要が無い省力型品種で、自家菜園用にも最適。
●耐病性
トマトモザイクウイルス(Tm-2a型)、萎凋病(F1)、サツマイモネコブ線虫(N)に耐病虫性。


【栽培の要点】
●市場出荷は施設栽培が原則
8月播種の越冬栽培、9月〜1月播種の促成・半促成栽培、2〜5月播種の夏秋栽培、6〜7月播種の抑制栽培などすべての作型に適するが、経済栽培は裂果防止と品質向上のため、必ず雨よけ栽培(施設栽培)を行う。
●長期栽培では多めの元肥
15段以上の長段どりを行う場合の元肥チッソ施肥量は、10a当たり10〜15kgが目安。
チッソ成分は「ココ」より10〜20%の増量とする。台木は栽培後半までスタミナがある品種が最適。


【特性比較表】
千果特性比較表


【適作型】
千果作型
容量
DF(18粒)1000粒

カテゴリーから探す