食味のよい耐病性大玉品種 トマト りんか409

サカタのタネ

2,559円(税込)

100粒1000粒
容量
購入数

【特性】
1.萎凋病(F:R-1,2)、ToMV(Tm-2a型)、半身萎凋病、葉かび病、斑点病に抵抗性でネマトーダに耐虫性の大玉トマトです。
2.草勢は初期にはやや強く、中〜後半は中程度です。早生で着果性がよく、下段より果実の肥大力があり多収です。空洞果、すじ腐れ果の発生が少なく、秀品率が高いです。
3.果実は豊円腰高で果色・色まわりにすぐれます。硬玉で日もち性があります。食味は肉質よく、コクがあり極良です。
4.節間がつまり誘引作業が軽減できます。
5.葉先枯れの発生が少なく、灰色かび病にもやや強いです。

【適応性】
夏秋、抑制栽培に適します。

【育苗管理】
播種床の地温は25〜28℃とし、播種後14日ぐらいの本葉1.5枚時に移植を行います。葉と葉が接触するころに苗広げを行い、育苗面積を十分にとります。肥料不足のときは液肥などで追肥を行います。

【定植準備】
作付け前に圃場の土壌診断を行い、適正な肥料設計を立てます。元肥量は圃場により異なりますが、10a当たり成分量で窒素12〜15圈▲螢鷸15〜20圈▲リ15〜20圓鯢現爐箸靴泙后

【定植・栽培管理】
定植は第1花開花前〜開花ごろを基本とし、若苗定植も可能です。灌水は、1段着果〜果実肥大期ごろを目安に行い、初期からスムーズに生育させます。追肥は4段花房開花ごろを目安に草勢を見て行います。

【病害虫防除】
青枯病の汚染圃場では、サポート、レシーブ、マグネットなどを用いて接木栽培を行います。また、CMV、TSWV、TYLCVに対する抵抗性はないので、アブラムシ、アザミウマ、コナジラミなどの防除を徹底します。

【栽培上の注意点】
・草勢が中程度でスタミナのある品種ですが、着果性がよく、果実の肥大もよいので樹勢の維持がポイントとなります。
花数が多くなる段も出てくるので、摘果作業が重要です。
果実の色まわりがよく、全体に着色する傾向があります。出荷の熟度表に従い、とり遅れのないようにします。
・やや高めの温度管理が適している品種です。秋口の温度下降期には早めにサイドを閉め、保温に努めます。
・ 果実がかたく、日もち性がよく、赤熟収穫向け品種ですが、高温期に赤熟状態で水分の流入、吸収がなされると裂皮することがあるので注意します。

【栽培暦】
りんか_作型
容量
100粒1000粒

カテゴリーから探す