カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


モバイル

売れ筋商品

Feed

blogボタン

Facebookボタン

twitterボタン

Instagramボタン

日本種苗協会バナー

レモン色の若どりカボチャ フレッシュ野菜 コリンキー(サカタのタネ)

コリンキーの栽培ポイントやおススメの食べ方を東海市の野菜ソムリエの生産者・坂野誠幸さんに聞きました♪
インタビューの模様は コチラ
(当店スタッフブログにリンクします)

【特長】
日本では珍しい変わりカボチャです。果実は鮮やかなレモン色、皮ごと食べられ、歯ざわりよく、くせがないのでサラダや浅漬けによく適します。とり遅れたらジャムにしておいしくいただけます。


【栽培環境・土づくり】
日当たり、風通し、水はけ、水もちのよい肥沃な畑で栽培します。過湿には弱いので、水はけの悪い畑では高うねにします。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをします。植えつけの2週間ほど前に1崚たり苦土石灰約100g、1週間ほど前に完熟堆肥3kgと有機配合肥料約100gを施します。畝幅5m、株間1mの2〜3本仕立てを標準とします。


【タネまき・植えつけ】
発芽温度は26〜28℃です。発芽後は昼間23℃くらい、夜間15℃くらいまで下げ、徒長しないように管理します。子葉が7〜8分程度展開してから3〜3.5号(9〜10.5cm)ポリ鉢に移植します。あるいは、3〜5粒ずつ直まきし、本葉が2〜3枚になるころまでに1株に仕立てます。25日ほどたったときに本葉が3枚くらいになっていることを目標に育苗します。植えつけ時までに畑をトンネル、マルチなどで保温し、地温を15℃以上確保しておきます。


【管理のポイント】
株間を十分(1m以上)にとれば放任栽培が可能です。2〜3本仕立てにします。つるが交差しないように一定の方向に誘引します。着果は10節以降とし、側枝は伸びたら順次とりのぞきます。8〜9時ごろにミツバチが活発に活動してないようであれば、人工交配をします。果実を大きくして収穫すると、次の果実が生理落花して収量が減ります。収穫が始まったら20〜25日間隔で、1株当たり30g程度を定期的に追肥します。


【病害虫・生理障害】
カボチャは病害虫に強く、つくりやすい野菜です。果実の肥大期から収穫期にかけて、葉に白い粉をふりかけたようなカビが生じる「うどんこ病」が発生することがあります。密植や窒素過多を避け、日当たりと風通しをよくします。高うねにするなど水はけをよくします。カボチャだけでなく、キュウリ、スイカ、ニガウリなどウリ科作物の連作は避けます。病葉は切りとり、持ち出し処分します。


【収穫・保存・利用】
開花後10〜15日くらい、大きさは500g〜1kgで収穫します。雌花率が高いので、連続して収穫できます。とり遅れて大きくなると風味が強く、生食用に不向きですが、ジャムにするとおいしく食べられます。そのままスライスしてドレッシングで、また軽く塩もみして鮮やかな黄色を引き立ててサラダにします。浅漬けは、塩、しょうゆ、キムチ、ぬか、いずれもおいしいです。


【栽培暦】
コリンキー_作型
メーカー(品番) サカタのタネ
販売価格 432円(税込)
購入数
約10粒20ml2dl

この商品を買った人はこんな商品も買っています

ピックアップ商品