早生多収 黒柄系一本ネギ 夏扇パワー

サカタのタネ

5,940円(税込)

ペレット6000粒1dl
容量
購入数

【特性】
1. 夏秋および秋冬どりに適する適応作型の広い黒柄系一本ネギです。
2. 太りが非常によく、従来の黒柄系よりは低温伸長性のある多収品種です。「夏扇4号」よりも太りにすぐれますが、首部のしまりは従来の夏扇系品種よりも緩めになります。
3. 厳寒期でも葉が枯れ込みにくく、在圃性にもすぐれます。
4. 草勢は従来の夏扇系品種よりも強めとなりますが、立性で葉折れが少なく、機械作業の適応性が高いです。
5. 太さは商品価値の高いL〜2Lでそろうため、秀品率が高く、収穫調整作業が容易になります。
6. 根の張りがよく耐暑性、耐寒性があり、べと病、さび病、黒斑病には比較的強いです。
7. 苗のそろいや定植後の生育がよいため、露地育苗のほか、チェーンポットやセル育苗での栽培でとくに能力を発揮します。

【適応性】
本品種は夏どり〜厳寒期どりまでと作型適応性が広いですが、温暖地ではとくに年明けどりで能力を発揮します。年明けどりでは、収穫遅れによる葉の枯れ、首割れなどの発生が少なく在圃性にすぐれるため、安定した出荷が可能です。また、高冷涼地では、早生性を生かした7〜8月からの収穫が可能です。

【育苗】
264穴チェーンポットでは、10a当たり70〜80枚必要で、1穴当たり2粒まきおよび2.5粒まき(2粒3粒交互まき)を標準としますが、早出しをねらう場合は2粒まきにします。苗床育苗を行うときは、必ず土壌病害に汚染されていない圃場を選定し、リン酸をやや多めに施し、かたくしまった苗をつくるように心がけます。

【肥料】
定植1か月前に苦土石灰や堆肥を施し、深く耕うんしておきます。施肥量は10a当たり窒素20〜30kg、リン酸20〜25kg、カリ20〜25kgを標準とします。元肥:追肥は2:8あるいは3:7の割合で施します。追肥は土寄せごとに5〜6回に分けて施し、収穫時まで肥切れをしないように注意します。

【定植】
秋冬どりでは、高温期に湿害などの影響を受けやすいため、とくに排水性のよい圃場を選びます。栽植密度は、畝幅90〜100cm、溝の深さ15〜20cm、株間2.0〜2.5cmで定植します。定植後、乾燥すると生育が遅延し、病害の影響を受けやすくなりますので、乾燥時には散水などを行いスムーズな活着を促します。

【土寄せ】
土寄せは一度にたくさん行わず、追肥と兼ねて4〜5回に分けて行います。高温期は生育停滞期なので、なるべく土を動かさないようにし、生育不良にならない程度の肥効にとどめます。軟白に要する日数は、7〜9月どりで15〜20日、10月どりで30日、11月どりは40日、12月どり以降は50日以上が必要です。最終土寄せは出荷目標日に合わせて行います。

【病害虫防除】
生育初期の病害虫による被害は致命的となるため、早期防除を徹底します。また、高温期は白絹病、萎凋病、軟腐病が発生しやすいため、排水対策に努めると同時に、病害発生前に、それぞれに応じた薬剤を用いて株元散布すると効果的に防除ができます。

【収穫】
とくに太りのよい品種のため、太り過ぎないように適期収穫を心がけます。

【栽培暦】
夏扇パワー_作型
容量
ペレット6000粒1dl

カテゴリーから探す