焼肉を包む定番野菜 チマサンチュ(青かきチシャ)

サカタのタネ

270円(税込)

約1170粒20ml1dlペレット5000粒
容量
購入数

【特長】
リーフレタスの仲間で、大きくなった葉をかいて食べる野菜です。比較的病害虫の発生は少ない品種です。ビタミン・ミネラルを豊富に含み、焼肉などに巻いて食べると、ほろ苦さとシャキッとした歯ごたえを楽しめます。

【栽培環境・土づくり】
植えつけの2週間ほど前に1崚たり苦土石灰120〜150g、1週間ほど前に完熟堆肥2〜3kgと有機配合肥料100〜120gを目安として施します。70cm幅のベッドで株間35cmの2条千鳥植えにします。

【タネまき・植えつけ】
夏まきではタネを3時間ほど水に浸漬後、涼しいところで催芽させてからまきます。直まきは1か所4〜5粒まきとし、本葉が4〜5枚になったころ1本に間引きます。育苗は条間8cmくらいのスジまきにし、本葉が1〜2枚になったころ、苗床または3号(9cm)ポリ鉢に植え替えます。本葉が4〜5枚くらいの若苗で植えつけます。

【管理のポイント】
植えつけ後は活着をスムーズにさせるとともに、水やりを十分にして初期生育をすすめます。マルチは生育促進、雑草防止などの効果が期待できます。植えつけ後20日くらいから月2回程度、化成肥料を株間にバラまき、軽く中耕します。

【病害虫・生理障害】
菌核病、灰色かび病、軟腐病、べと病などの病害を防ぐために、日当たり、風通し、水はけをよくします。アブラムシは葉に群生して生育を阻害するだけでなく、モザイク病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。アブラムシは光るものを嫌う習性があるので、シルバーマルチをすると効果が期待できます。窒素肥料が多いと石灰欠乏症などが発生しやすくなります。玉レタスやほかのリーフレタスと異なり、連続収穫となるため、薬剤散布には留意します。

【収穫・保存・利用】
茎が30〜50cmに伸びたら、必要に応じて下の葉から順にかきとり収穫します。葉は長めの楕円形で、緑濃く、光沢深く、肉厚く、しなやかで、長さ15cm前後でかきとっていきます。焼肉を包むほか、おひたし、あえ物、煮物、いため物などに利用します。

【栽培暦】
チマサンチュ_作型
容量
約1170粒20ml1dlペレット5000粒

カテゴリーから探す