カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


モバイル

売れ筋商品

Feed

blogボタン

Facebookボタン

twitterボタン

Instagramボタン

日本種苗協会バナー

甘さとうまさが人気の茎ブロッコリースティックセニョール(サカタのタネ)

【メーカー】
サカタのタネ


【特長】
アスパラガスに似た甘みある花茎のスティックブロッコリーです。次々と伸びる側花蕾を長期間収穫できます。20cmくらいの長い側花蕾が15本程度取れます。


【栽培環境・土づくり】
植えつけの2週間ほど前に1崚たり苦土石灰100〜150g、1週間ほど前に完熟堆肥2〜3kg、窒素・リン酸・カリを含む化成肥料120g程度を施し、耕しておきます。水はけが悪いところでは高うねにします。うね間70cm、株間45cm程度を目安とします。


【タネまき・植えつけ】
128穴のセルトレーに1〜2粒ずつまき、本葉1.5枚のころ1本にします。または、プラントベッドに土と完熟堆肥を等量ずつ混ぜた用土を入れて、5〜10cm間隔のスジまきします。5〜7伉度覆土し、水やりをしてから、発芽適温と水分を保つため、夏場では新聞紙をかけます。発芽したら新聞紙をはずし、子葉が重ならない程度に順次間引きます。本葉1〜2枚になったらポットまたは苗床に植え替えます。本葉が4〜5枚になったら、畑に植えつけます。


【管理のポイント】
生育を促進するため、植えつけ後すぐに水やりします。また、植えつけ後、10日から2週間して、雑草防除も兼ねて土寄せを行います。追肥は、本葉8枚のころと頂花蕾の見え始めのころに行います。なお、1回目の収穫を終えたあとも、側枝の生育を促進するために追肥をします。


【病害虫・生理障害】
育苗床では立枯病やべと病が、植えつけ後は黒腐病や黒斑病などの細菌病や、根こぶ病などの土壌病害が発生します。殺菌剤などで予防すると同時に、水はけや風通しをよくし、病害の発生を抑えます。なお、収穫後の切り口から軟腐病などの細菌が入ることがあるので、切り口を乾かすようにします。生育前期の葉がやわらかいときに、とくに害虫がつきやすいので、早めに発見して、捕殺または殺虫剤を散布します。防虫ネットなどを利用すると、省農薬になります。ヨトウムシ、コナガ、アオムシなどが大敵です。アブラムシも大量発生することがあるので注意します。ブロッコリーとは異なり、収穫期が長くなるので、育苗期からの徹底した予防に努めます(登録農薬も現在少ないので注意が必要です)。極端な遅まきは、ボトニング症状による収量が低くなるおそれがあるので、注意が必要です。


【収穫・保存・利用】
植えつけ後55日ほどで収穫がはじまります。頂花蕾が500円玉くらいになったら花蕾直下を摘芯し、その後伸びてきた側枝を花蕾がしまりあるうちに収穫します。茎の太さ2cm、長さ15〜20cm程度が収穫物の目安です。1株あたり10〜15本くらい順次収穫できます。とり遅れると蕾がゆるみ、花が咲いたりするので注意します。ブロッコリーと同様涼しい時間帯に収穫、低温で管理します。ブロッコリーとは異なり、蕾というより主に茎の部分を食するアスパラ風味の新野菜です。ブロッコリーと同様栄養価にすぐれ、いろいろな料理に使える便利食材です。


【栽培暦】
スティックセニョール_作型
販売価格 432円(税込)
購入数
約110粒10mlペレット5000粒

この商品を買った人はこんな商品も買っています

ピックアップ商品